FC2ブログ

ピットロード(トランペッター) 99式自走155ミリ榴弾砲(完成)

平成という時代も、残り数時間で終わりを告げようとしていますね。



チャイコフスキー 序曲「1812年」

さてと、ブログには記述しておりませんでしたが、こんなのを作っていました。

tr_99hsp_make001.jpg

ピットロード(トランペッター製)の99式自走155ミリ榴弾砲です。
ピットロードやモノクロームから出ている、トラペの陸上自衛隊シリーズの一つですね。
99式は、75式に代わる陸自の大型自走榴弾砲ですが、コストが高いせいか、
配備が今ひとつ進んでいないとか。
また、配備も北海道の第7師団や第2師団が中心とのことで、一部の同車両は配備前に
事故か何かで輸送船ごと沈んでしまったという事もあるそうです。

tr_99hsp_make002.jpg

今回は、タミヤの陸上自衛隊 オートバイ偵察セットと一緒に使い、
簡単な情景作品にしてみようと思います。

で、この作品ですが、昨日(4/29)完成いたしました。
はからずも、平成最後の完成作品となりましたね。
好きな模型メーカーのトランペッターとタミヤのキットで、平成の模型製作を
締めることができたので、よかったです。

tr_99hsp_kan001.jpg
tr_99hsp_kan002.jpg
tr_99hsp_kan003.jpg
tr_99hsp_kan004.jpg

巨大な砲塔と長い砲身。
車両のディテールはタミヤの陸自車両キットよりも細かなところまで再現されていますが、
その分組むのが大変というのもありますね。
評判のあまりよくないキットではありますが、組んでみますとなかなか良いキットです。

tr_99hsp_kan005.jpg
tr_99hsp_kan006.jpg
tr_99hsp_kan007.jpg
tr_99hsp_kan008.jpg
tr_99hsp_kan009.jpg

情景は、陸自の演習地を模した実に簡単なもの。
99式はビス留めしただけですので、99式を外す事で違う陸自車両の展示用にも使えます(笑)。

tr_99hsp_kan010.jpg
tr_99hsp_kan011.jpg
tr_99hsp_kan012.jpg
tr_99hsp_kan013.jpg

車両前のフィギュアとバイクは当然ながらタミヤのもの。
過去の経緯もあり険悪な関係のトランペッターとタミヤですが、
両社のファンとしては、いつかはこのようなコラボを、
タミヤのホワイトパッケージで実現してほしいところ。

以上となります。
スポンサーサイト



フジミ ティーガーI初期型 131号車(完成)

ドラゴンの131号車と同時にフジミのちび丸ミリタリーの
ティーガーI初期型も完成しました。
デフォルメされた戦車模型を作るのは初めてですが、楽しく作れたかと思います。
(NIKON D5300 + Sigma 30mm F1.4 DC HSM)
※Aモードで撮影。F/16。ホワイトバランス:オート。



fuji_131_kan001.jpg

fuji_131_kan002.jpg

fuji_131_kan003.jpg

fuji_131_kan004.jpg

fuji_131_kan005.jpg

fuji_131_kan006.jpg

ドラゴンの131号車と並べたかったので、このフジミのデフォルメキットも同じ塗装&同じウェザリングです。
細かい仕様が所々違いましたので、ドラゴンのジャンクパーツなどを使って
131号車を作りました。

fuji_131_kan007.jpg

fuji_131_kan008.jpg

デフォルメされたかわいらしいフォルムですが、ウェザリングなどで凄みを出せていればと思います。

fuji_131_kan010.jpg

fuji_131_kan011.jpg

fuji_131_kan012.jpg

fuji_131_kan013.jpg

fuji_131_kan014.jpg

最後にドラゴンの131号車と並べて撮影。
こうやってリアルな車両と一緒に、デフォルメされた車両を並べると、
なかなか面白いものです。

ドラゴンティーガーI初期型 131号車(完成)

そんなわけで、ドラゴンのティーガーI 131号車 第504重戦車大隊が
完成いたしました。
おそらくは、このドラゴンとフジミのティーガーが平成最後の模型の完成作に
なるのではないかなと思います。
(NIKON D5300 + Sigma 30mm F1.4 DC HSM)
※Aモードで撮影。F/16。ホワイトバランス:オート。



dora_131_kan001.jpg

dora_131_kan002.jpg

dora_131_kan003.jpg

dora_131_kan004.jpg

dora_131_kan005.jpg

普段あまり作らないドイツ戦車ですが、戦車模型の基本とも言えるティーガーIで
平成の模型製作が締められたのはよかったですかね〜。

dora_131_kan006.jpg

dora_131_kan007.jpg

dora_131_kan008.jpg

dora_131_kan009.jpg

dora_131_kan010.jpg

dora_131_kan011.jpg

dora_131_kan012.jpg


北アフリカ戦線のティーガーですので、チッピングはきつめにしてみました。
塗装はDAKのダークイエローの上に薄い緑色の迷彩が描かれたボービントンの車両が好きですので、
このような色合いの迷彩にしてみました。

dora_131_kan013.jpg

フィギュアはタミヤのIII号戦車N型の戦車兵(ジャンクパーツ)。
人気のドイツ戦車でも、DAKの戦車兵ってあんまりないんですよねえ。

dora_131_kan014.jpg

dora_131_kan015.jpg

dora_131_kan016.jpg

最後に、映画で共演した戦車で。

ウェーブ ダイビングビートル(完成)

そんなわけで、ウェーブのダイビングビートルが完成しました。
AFVのジャンクパーツを大量に使い、さらに簡単な情景とフィギュアを
配置して、ロボットものの模型というよりAFV模型として作ってみました。
雰囲気としては、クメン編のモチーフとなっているベトナム戦争での
米軍車両のかんじでしょうか。
山田卓司氏の作られたダイビングビートルの情景に昔衝撃を受け、
いつかは同じようなものを作ってみたいと思っていたのですが、
ようやく実現した感じがします(出来栄えはかけ離れていますが)



BGM:マーサ&ザ・ヴァンデラス - Nowhere to Run

kan002.jpg

kan003.jpg

kan004.jpg

kan001.jpg

ダイビングビートルは、スコープドッグやスタンディングトータスなどのATの中でも特に
兵器然とした雰囲気のATですね。
今回は調子にのって、荷物満載になって使い込まれている軍用車両の雰囲気にしています。

kan005.jpg

kan006.jpg

kan007.jpg

kan008.jpg

タミヤ、トランペッター、ドラゴン、タコム、アスカモデルなどの各社のジャンクパーツを使っています。
どこに何のパーツを使っているかわかりますかね…。

kan009.jpg

kan010.jpg

kan011.jpg

フィギュアはタミヤのシェリダン(新しい方)とマスターボックスから。
アニメのボトムズに出てくる兵士の雰囲気とはかけ離れた姿をしていますが、
雰囲気重視で米軍の兵士をそのまま使ってみました。


ドラゴン・フジミ ティーガーI初期型 131号車(フィルタリング)

ダイビングビートルとは別に、ドラゴンとフジミのティーガーの
作業の続きもやりました。
といってもフィルタリングだけですが…。

dora_fujimi_tiger_131_filtering_01

dora_fujimi_tiger_131_filtering_02

dora_fujimi_tiger_131_filtering_03

迷彩で、尚且つ明るい塗装の車両で、単色塗装のグリーンの車両ほど効果は出ませんが、
やったほうがやはりメリハリと、しっくりとした感じが出ますね。
このあと、3〜4日置いてからウェザリングしたいと思います。

プロフィール

zhukov1945jp

Author:zhukov1945jp
人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。それは、権力を持った人間、権力に媚を売る人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出すことです。
(銀河英雄伝説より)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR